iGCNの関心空間アーカイブ

関心空間上で私iGCNが登録したキーワードのアーカイブです。

コーチングマネジメント

コーチングとは、伊藤氏の言葉によれば、「会話を重ねることを通して、相手に、目標達成に必要なスキルや知識を備えさせ、目標に向けての行動を促していくプロセス」である。

コーチと言うと、野球やテニスなどスポーツ分野がすぐに思い浮かぶ。これらのコーチは、技術を伝達するのが仕事というイメージがあるが、今話題としているコーチの仕事はむしろクライアントの中にある「答え」を引き出すのが仕事となる。コーチは教えるのではなく、質問をする。教えるのではなく、ともに歩むのである。

非常に印象的な挿話として、スキーのコーチによるテニスのレッスンの話が紹介されている。スキーのコーチがある日、ひょんなことからテニスのレッスンをすることになったが、彼はプロのテスのコーチよりうまく生徒に教えることができたと言う。彼は、テニスの技術を知らないので、逆に生徒に質問をしたのだ。彼は「ボールはどんな回転をしていますか?」と生徒に尋ね、その結果生徒はよりよくボールを見るようになった。

彼の行ったこの行動がコーチングそのもので、生徒の気付きを促す質問を出すのがコーチの仕事と言える。つまり、その分野の特異的な技術の知識が要求されるわけではなく、多方面に応用の効くスキルなのだ。また、コミュニケーションのスキルとしても非常に有用であると考えられる。社会に生きる者として、コミュニケーションを円滑に運ぶためにも、この本はオススメ。

の画像