iGCNの関心空間アーカイブ

関心空間上で私iGCNが登録したキーワードのアーカイブです。

誤診

裏表紙の文句によると、

「現役医師である著者が、医師とナースの性愛、MR(製薬会社営業マン)との癒着をめぐる病院の内幕と、医療ミス、誤診のおこる実態をサスペンス色鮮やかに描いた、本格医療エンタテイメント!」らしいです。

 主人公、北島麻理の母はある日体調不良を訴え、父の友人である医師曳田の病院に入院する。検査の結果「脳梗塞」と診断され、治療が開始されるが、母は容態が悪化し死亡してしまう。曳田の治療に疑問を感じた麻理は、自ら医師となり、疑念を晴らすため、曳田の経営する病院に新人医師として就職する。しかし医師として、経営者としての曳田の姿に、麻理は惹かれていくのであった・・・

 正直な読後感としては、貧弱なプロットに医療現場の暴露話で肉付けした大衆小説と言ったところでしょうか。今はいろんな意味で医療ものブームだし。さんざん期待を持たせてあからさまな伏線を張っておいて、その全てを台無しにするカタルシスのない幕切れに絶句しました。

の画像